ウーマン

なりたい体型を叶える二次会ドレス│似合うドレスでいつもと違う自分

着る機会が多い

2人の女性

入学式や卒園式で着るスーツは普段仕事で着用するものとは違い、セレモニースーツと呼ばれています。子供の入学式や卒業式は、1人につき平均で6回~8回開催され、それだけセレモニースーツを着る機会があります。特に卒業式と入学式は1ヶ月ほどの短いスパンで開催されるので、同じセレモニースーツを着る人は多くありません。しかし、毎回セレモニースーツを買い換えるのはとても大変でお金もかかってきます。そこで上手にセレモニースーツを選ぶことで長く着られるようにしていきましょう。
セレモニースーツにもマナーがあります。入学式などにふさわしくないミニスカートや露出の激しい服装はよくないとされています。また、あまりカジュアル度が高い服装もマナー違反です。そのため、落ち着いた印象をもたらす、グレーやベージュ、黒がメインのセレモニースーツが多いです。しかし、黒や紺のパンツスーツは、ビジネススタイルを連想させることがあるため、中に着るブラウスを工夫したり、アクセサリーやコサージュでアレンジしたりする必要があります。
セレモニースーツには、セットでジャケットやパンツ、スカートなどが複数枚ついているものがあります。こういったものを選べば、組み合わせ次第で印象を変えられるのでおすすめです。加えて、パールやコサージュなどで変化をつけるとよいでしょう。いろいろなシーンに使えるセレモニースーツが販売されているので、お店を見たり、ネットショップを見てみたりすると自分に合ったものが見つかります。