ウーマン

なりたい体型を叶える二次会ドレス│似合うドレスでいつもと違う自分

マナーを知る

新郎新婦

結婚式に招待されたとき、1番悩むことが服装です。特に初めて結婚式に招待された人は、どんな服装をしていけばいいのか迷うことでしょう。結婚式には、友人以外にも会社の上司や親戚など、多くの人が集まります。そのため、参列者の服装がマナー違反だと、新郎や新婦のイメージまで悪くなってしまうことがあります。事前にしっかりと調べてから結婚式に参列するのが望ましいでしょう。
一般的によく知られている服装のマナーとして挙げられるのが、「白いドレスを着てはいけない」というものです。白は花嫁だけが着ることのできる色なのでマナー違反とされています。また、花嫁の色である白を連想させる色であれば、厳密に白でなくても避けるべきです。写真の映りによっては白っぽく見えるような薄いピンクやクリーム色は選ばないようにします。
昼間に開催されている結婚式では、ミニ丈のドレスや肩が大きく露出したドレスは避けるようにしましょう。夜に行なわれる披露宴では、肩などが大きく露出したドレスは正式とされていますが、極端に肌が露出しているドレスだと参列者から見てもいい気分ではありません。特に年配の人が多い結婚式では、膝丈程度のドレスを選択すれば安心です。
パーティードレスの露出を抑えるためや、防寒対策としてファー素材のボレロや羽織ものが販売されていますが、正式なマナーでは毛皮やそれに似たフェイクファーはふさわしくないとされています。ファーの毛が抜けて飛んだり、口の中に入ったりする可能性があるからです。しかし、最近ではウェディングドレスにもファーを使ったデザインも登場しており、カジュアルな雰囲気の結婚式であれば、問題ないとされることが多いようです。